信頼できるエレベーター保守会社を選ぶときの条件とは?

エレベーター

安全性を維持する点検

高層建造物に欠かせないエレベーターは、人にとって大切な足になってくれますが、万が一の故障が発生すると大事故に繋がってしまいます。そのため、エレベーターを維持するために、定期的なメンテナンスが必要になります。安全性を維持するため、エレベーターには法定点検と定期点検を行うことが義務づけられています。

ドア

マンションの管理保守

エレベーターはマンションにおいて重要です、だからこそ管理会社によるエレベーター点検は重要です。法令点検、保守点検、この2つは重要です。エレベーター事故を防ぐ上でも、この2つの作業は重要な位置を占めます。

ボタン

健全に利用するためには

エレベーターは便利な設備で、多層建築物においては欠かせない存在です。しかし、エレベーターは定期的な保守を行わなければ健全に利用することができません。一方でエレベーター保守を依頼する際にはその内容を理解しておくことが業者を選ぶ際には重要です。

気をつけたいポイント

男性

営業所が近いと安心

エレベーターの保守点検業務を行う業者は、それぞれ営業区域をもっています。そのため、エレベーターが設置してある建物の住所が、保守業者の営業区域に含まれているかどうかを確認する必要があります。もし、営業区域外だったとしても、営業区域に隣接していたり、距離的に近かったりすると対応してくれる会社もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。また、最寄りの営業所からエレベーターまでの距離も重要です。できるだけ営業所が近い保守業者を選ぶとよいでしょう。困ったときにすぐに駆けつけてくれるのに加えて、何かあったときに呼びやすいためです。次に、エレベーター保守の管理体制をチェックしましょう。いつ何時エレベーターにトラブルが発生するかわからないため、365日24時間体制で保守管理を引き受けてくれる業者を選ぶのが理想的です。深夜や早朝に電話したときの対応やお正月やお盆期間などの対応は非常に重要になります。エレベーターにいつトラブルが発生しても、待たされることなく、迅速に対応してくれる保守業者を選ぶことが大切です。候補となる会社が見つかったら、その会社の社員が昇降機等検査員の資格を所持しているかを確認するとよいでしょう。エレベーターの保守点検を行うには、国家資格である昇降機等検査員という資格が必要です。その他にも第一種または第二種電気工事士資格、ゴンドラ運転特別教育の受講者、低圧電気取り扱い者特別教育の受講者などの資格保持者が在籍していると、より安心できます。