信頼できるエレベーター保守会社を選ぶときの条件とは?

安全性を維持する点検

エレベーター

2つの点検作業を理解する

現代社会の生活において高層建造物に欠かせないのがエレベーターであり、大切な足となってくれます。しかし、万が一でも故障が発生すると人命にかかわったり、日常生活に支障をきたすことになるため、日常の点検や整備が必要です。エレベーターを維持するため、メンテナンスには法定点検と定期点検の2つがあり、安全性を維持するためには欠かせない作業となります。法定点検とは建築基準法第12条の3項に基づく検査で、昇降機等検査員といった人員が6ヶ月から1年の期間で国土交通大臣が定める基準に適合しているかを調べます。予め決められた検査項目があり、その内容に従ってエレベーターに異常がないかを見定め、特定行政庁に定期検査報告書を提出します。対する定期点検は建築基準法第8条に基づく点検で、安全保持と性能維持を目的に専門技術者が毎月1回の頻度で点検します。扉の開閉装置に異常はないか、部品の寿命は尽きていないか、グリスが足りているかなどを見て、不足していれば補充や交換も検討します。エレベーターの維持管理のため、通常はメンテナンス代行となる保守管理会社と契約を結ぶのが一般的です。保守管理会社は定期点検を行い、非常時には緊急出動も含むので安全性を確保するうえで重要となります。それぞれのメンテナンスは法的に定められているので、日時をずらすことはできても回避することは不可能です。費用がかかるからといってメンテナンスを蔑ろにすると、万が一の事故を起こしてしまいます。自分だけならまだしも、第三者に迷惑をかけることから避ける意味はないでしょう。