信頼できるエレベーター保守会社を選ぶときの条件とは?

健全に利用するためには

ボタン

エレベーターは、人が乗るカゴを上下させることにより階層を階段を使わずに楽に移動することができる便利な設備ですが、一方でエレベーターは健全に機能させるためには保守が重要になってきます。保守の内容としては、エレベーターに異常がないか定期的に確認し、また定期的な消耗品の交換や清掃、給油や調整などを行うというものです。また保守によって重大な問題が発見された場合には修理などの手配も必要になります。エレベーターを保守するためには保守管理会社に依頼することになりますが、契約によって内容と費用が変わってきます。フルメンテナンス契約であれば全ての保守を行うというもので、一部の経年劣化した機械部品や電気部品の交換まで費用に含まれます。一方でパーツ・オイル・グリス・メンテナンス契約では、点検と消耗品の交換のみ行うというものです。この場合でも点検時に機械的な交換が必要な場合にはアドバイスを貰えますが、交換費用は別途必要になります。つまりパーツ・オイル・グリス・メンテナンスは最小限の保守しか行わない契約です。コストとしては、フルメンテナンスは月額5万円から6万円程度で、パーツ・オイル・グリス・メンテナンスでは月額4万円から5万円です。エレベーターが新しいうちはパーツ・オイル・グリス・メンテナンスでも十分ですが、経年劣化してくるとフルメンテナンスの方が余分な出費の発生を抑えることができます。ただいずれにしても業者任せにすると費用が増える傾向にあるため、依頼者側も業者を選ぶ際には相応の知識を有している方がトラブルを避けることができます。