信頼できるエレベーター保守会社を選ぶときの条件とは?

マンションの管理保守

ドア

マンションメンテナンス

マンションの保守管理においてもっとも重要なのは、エレベーターです。4階以上を超えるマンションなら、エレベーターを備えている場合が多く、定期的なエレベーター点検は必要不可欠です。方法は、法定点検と、保守点検の二つがあります。法定点検は、年に一度必ず行われます。やりかたは、昇降機械検査保持者による検査で、決められた報告月までに管轄の行政庁へ検査結果報告義務があります。この検査は利用者が安心してエレベーターが使えるようにするための保守作業が適正に行われているか、そのための判定作業です。定期点検は月一度必ず行います。内容はロープ確認、清掃作業、停止表示、潤滑油の補充が基本です。最近ではエレベーター保守会社が、2〜3ヶ月に一度作業してることが多いです。エレベーターを一時停止し、機械室に入り、グリスアップ、清掃、調整、消耗品の交換を行っています。作業が終わったあと保守作業報告書をマンションの管理人に報告します。法令に基づいたエレベーター点検により、マンションの住居人の方々は安心して暮らすことができるのです。エレベーターはマンションには欠かせません。だからこそ、保守点検、法令点検があるのです。住居人様の安全を守るのが業者の役目です。法令を遵守し、管理すること、これほど重要な項目はありません。エレベーターは住居人を部屋の階まで案内するガイドです。安全に使用するためにも、専門の業者に相談して定期的に点検しましょう。